お電話でお問い合わせのお客様がご来店いただきました

お電話でのお問い合わせ内容は、「私の訪問着を娘に着せたいと思い、タンスから出して見たら、あっちこっちにシミがあるので着れるようになりますか?」

いろいろな方法はありますが、お電話では説明が難しいので、着物を見ながら適切なアドバイスをしたいと思いますので、一度ご来店くださいとお話しした、50代のお客様が本日ご来店いただきました。

着物は白地に花柄の訪問着で、白地の部分が薄茶色くなっていて、所々濃い茶色になっているところもあるので、生き洗いしみ抜きではきれいになりませんと説明しました。

娘さんに譲られるのであれば、ほどいて反物状態にして全体に一色描けて、シミやヤケが目立たなくして、そのあと娘さんの寸法で仕立てることを提案しました。

ところが問題が出てきました。

お母さんの着物寸法を測ってみると、身長が148cmに合わせた寸法で仕立ててあり、娘さんの身長は169cm、着物の内上げが2cmしかなく身丈が足りないので、胴で別の生地を足しても縫込みを入れると20cm以上必要で、身幅も広くするので身頃や肩裄の柄も合わなくなるので、残念ですがお母さんの訪問着を作り替える事は出来ません。とお話しさせていただきました。