黄ばんだ長襦袢  白い長襦袢 漂白加工

                Before

結婚する時に誂えた黒留袖と喪服の白長襦袢を、数十年ぶりに出してみたら、白かった長襦袢が全体的に黄ばんで、ベージュ色になってしまったと、ご来店いただきました。

反物には、ふノリをつけて仕上げます。

その状態で仕立てするので、長年しまい込んでいると湿気によって、ふノリが黄ばんで変色します。

 

 

                After

何十年もたっていると体型も変わっているので、解いて反物にして漂白加工して、現在の体型に合った寸法で、仕立て替えることにしました。

たとう紙を開けて仕立て上がった白長襦袢を、お見せしましたら、「私がお願いした長襦袢ですか?新品みたいに綺麗になったので、自分がお願いした長襦袢じゃあないみたい」と大変驚かれ、喜んでいただきました。