派手になった八掛 袷着物を単衣着物に 仕立て直し

 

 

この度ご来店いただきました K・T様のご相談は、「20代の時に購入した紬袷についている朱色の八掛が派手になったので、八掛を取り替えて、これから先も長く着たいので、どんな色の八掛が合うか選んでほしい」とご来店いただきました。

※八掛(はっかけ)=着物の腰から下につける裏地

まず最初に、着物を採寸して今現在の体型に合っているかを確かめます。

お若い時よりもだいぶ大きくなられたみたいで、八掛だけ取替てもこのままの寸法だといずれ仕立て直しをすることになるので、またその時に仕立て直しの料金がかかるので、八掛取り替えはお勧めできません。

白地の着物なので、単衣の着物をお持ちでなかったら、単衣の着物に仕立て替える(現在のご自身の寸法に)ことをお勧めしました。

料金的にも袷の着物よりリーズナブルで仕立て替えられます。

温暖化になる前は、暦通りに従って6月・9月に単衣仕立ての着物や羽織を着ていましたが、数年前から温暖化が進んでいる影響で、暦通りではなく気温の高さによって、単衣着物を着る時期が早くなり、単衣着物に仕立て直す方が多くなりました。

早い方は、4月頃から気温の高い日は単衣を着る方、また10月ても気温が高い日は、単衣を着る方もいらっしゃいます。

最近の傾向といたしましては、暦の上ではなく気温の変化で、着て行く着物を選ぶ方が多くなっています。